ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

新型コロナウイルス感染症

2019年末に中国・武漢で流行がはじまった新型コロナウイルス感染症は現在も猛威を振るっています。当院では従来からスタンダードプリコーション(標準予防策)といわれる感染予防対策を行ってきました。現在はさらに踏み込んで様々対策を行っています。患者さんにも協力、ご不便をかけることになりますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

患者さんへのお願い

①待合室でのマスクの着用をお願いします。スタッフは常時マスクを装着しております。

②発熱・咳などが風邪症状がある場合には受診の必要性をご検討ください

③使い捨てスリッパを用意しました。通常のスリッパは使用後、消毒します。

④待合室の書籍を撤去しております。書籍を読みたい場合には受付にご相談ください

⑤待合室で患者さん同士が長時間同席しないように配慮しています

⑥個室診療を行っていますが、ドアを開け放しています

⑦往診に関しては現在、急を要しない場合にはお断りしています

2020年04月15日

おすすめ歯ブラシ ルシェロ

おすすめの歯ブラシ・ルシェロruscelloをご紹介します。

ルシェロはフランス語の小川を意味しています。日本を代表する歯科材料企業であるGC社のブランドです。

ルシェロは、歯ブラシ、歯磨剤、フロス、歯間ブラシなど多岐にわたった口腔ケア用品が取りそろっています。

歯ブラシだけでも男性用、十代・女性用、歯周病用、インプラント用、ホワイトニング用、ざっくり磨き用などがあり、ピッタリな歯ブラシを選ぶことができます。

持ちやすく、奥歯まで届きます。

2019年09月30日

0~3歳 ヘルペス性歯肉口内炎

単純ヘルペスウイルスの感染によって生じる病気です。

乳幼児期に感染し、発熱や扁桃痛(のど痛)が2、3日続いたのち、高熱とともに舌や頬の粘膜に小さな水疱ができ、これがつぶれてびらんができます。歯肉は腫れ口臭がします。2~3週間で治りますが、痛みを伴うのでブラッシングが難しくなります。なるべく柔らかい歯ブラシで汚れのみを取るように歯を磨きます。

症状が強い場合には小児科を受診しましょう。

2019年09月25日

歯根が溶ける 歯根吸収

 歯根が溶けることを歯根吸収といいます。

 歯根吸収は生理的歯根吸収と病的歯根吸収に分けられます。生理的歯根吸収は乳歯が永久歯に生え変わる時に、乳歯の歯根が後継永久歯(生え変わる予定の永久歯)によって溶かされる現象です。病的歯根吸収は後継永久歯ではない永久歯に歯根を溶かされたり、永久歯の歯根象牙質が炎症の影響を受けて溶ける現象です。

 歯根吸収は吸収する部位が歯髄側(歯の内側)である内部吸収とセメント質側(歯の外側)である外部吸収に分けられます。

 病的歯根吸収は転倒して歯をぶつけたなど外傷後の若者にみられることの多い病気です。外傷後の歯は注意が必要です。

2019年09月24日

セメント質剥離

 セメント質剥離はセメント質が象牙質から剥離した状態のことです。セメント質剥離が起こると剥離部位の周囲に膿瘍の形成を生じ骨吸収により瘻孔や深く狭い歯周ポケットが形成されます。

 ブラキシズムなど過咬合力による咬合性外傷が疑われます。セメント質が肥厚した男性高齢者にみられることが多く前歯部に多発します。

治療法

 ①剥離片の除去

 ②抜歯

2019年09月23日
» 続きを読む